光希のダイアリー

ちょっと前の海外ドラマが無料で見られる

私は最近、D Life というBSのチャンネルにハマっています。
今年の三月に開局したばかりなので、まだ知らない人も多いんじゃないでしょうか。

 

 このチャンネルは契約する必要も無く、無料で視聴できます。
 ディズニーのアニメと、海外ドラマが中心で、たまに海外のバラエティもやってます。ロストやボーンズ、デスパレートな妻たちといった、少し前にNHKや民放で放送された人気のドラマがファーストシーズンからオンエアされているので、見逃した分も見られたりします。
 私が今好きで見ているのは、大分前に流行ったコメディドラマ「friends」です。
 流行っていた当時は確かWOW WOWで放送されていたので、見られませんでしたので、見つけたときはとっても嬉しかったです。
フルハウスとかの、しょっちゅう笑い声が入るアメリカンコメディなんですが、テンポもよくなにより見ていて楽しい気分になれるので、お気に入りです。

 

 見ていると、昔好きだった海外ドラマを色々思い出しました。是非ともD Life でやってもらいたいのは、当時小学生で見せてもらえなかった「ツインピークス」ですね。
 DVD借りて見ろよという声が聞こえてきそうですが、なんというかそこまでしてまでは、見たいという気にならないものぐさな性格なんです。

 

 海外ドラマが一日中楽しめる、チャンネルD Life テレビ見るのないなぁなんて時には見てみてください。

アマゾンJavariにはまっています

靴を通販で買うことが増えました。
以前は試し履きできないから、靴だけは実店舗で、と思っていましたが、最近は試し履きして気に入らなければ返品もできるサービスがあるんですよ。

 

いつも私は、アマゾン、Javariというストアで靴を買っています。Javariでは試し履き後の返送料も無料です。だから履いてみたい靴を1足に絞らないで、いくつかピックアップして注文することも可能です。
画面で見たのと、イメージが違うとか、履いてみたらサイズが小さかったとかそういう理由でも返品できるみたいです。
私はまだ一度も返品したことはありませんが、そういうサービスがあれば、購入する時安心感があります。

 

アマゾン、Javariで、ショッピングするのには他にも理由があります。
それはめちゃくちゃお買い得な価格で販売されている時があるからです。
例えば、今週はリーボックのイージートーンを2000円くらいで買うことができました。
2000円で購入した靴が、次の日には6000円になっていました。
このショッピングサイトの商品価格は、スイング幅が広いので、欲しい靴があるときはまめにチェックしています。すると驚くほど安値で買えることがあります。
買い物のタイミングをはかるのもひとつの楽しみになっています。

車で縁石を乗り越えたこと

友人を含め、3人で何をするでもなく、目的も無く、車でドライブをしていました。
何となく、国道を走っていたのですが、大しておもしろいこともなく、何か、変わったものを見たくなり、周辺を見渡しました。
そうすると、路地の奥に神社のあるのを見つけました。
その神社は、住宅の真ん中にあり、国道をただ走っているよりは面白そうなので、そこへ行ってみることにしました。
神社は、住宅のすぐ近くに見えているのですが、入り込んだ住宅街を回り込んで行かなければなりませんでした。
その道路は、石畳で出来ていて、車に振動があり、何となく、走ってるうちに友人含め私達のテンションが上がって来ました。
そして、神社に到着したところ、敷地の外に駐車場があり、露店が2件ありました。
テンションの若干、高くなった私達は、露店でたこ焼きを買い、わざわざ来た神社には寄らずに次の遊ぶ場所へ向かうこととしました。
そのとき、車を運転していた友人に、「来た方向と別の方向へ行ってみよう」と言い、そちらへ車を走らせました。
住宅街の中を回り込んで走っていると、先に国道が見えました。
ああ、ここに出て来るのか、と思い、国道へ向かって行きました。

 

前に信号機があり、交差点になっているものと思っていましたら、歩道の縁石があり、行き止まりになっていました。
私達は、これは一体どういうことなんだろう、と不思議に思っていました。
そして、行き止まりをどうしようかとしていたとき、運転していた友人以外のもう一人の友人が、「縁石を乗り越えよう」と言い出しました。
私も、また、方向転換して戻るのも面倒だからそうしようと、賛成しました。
しかし、運転していた友人は、自分の車ですし、無茶なことをするのは乗り気ではありませんでした。
僅かに、反対する友人を2人で押し切って、縁石を乗り越えることとしました。
幸い、何故か、前に信号があり、こちらが青であれば対向車も来ないですし、危険は無いだろう。
縁石も、たかが、歩道の高さだから、簡単に乗り越えられるだろうと思っていました。
そして、信号が青になった時、縁石を乗り越えようとしました。

 

タイヤが跳ね返されて、進めません。
思ったより、手強いようです。
今度は、数十メートルバックして、停止しておき、信号が青に変わると同時に思い切りアクセルを踏み込み、助走をつけて走らせました。
すると、縁石を乗り越えました。
これで、国道に出れると思ったその時です。
前輪が、乗り越えた後、車のシャーシの底が縁石に引っ掛かり、車全体が浮いたような状態で止まってしまいました。
信号が変わり、対向車が走り出すと、とても珍しいものを見るようにみんなが見ながら通って行きます。
どうしようかと考え、車を人力で押すしかないだろうと言うことになりました。
しかし、ここでまた、悪のりをしてしまいました。
前に押し出せば、そのまま素直に国道に出れていたのですが、後ろに押して、再度、乗り越えようとしました。
私達の考えは、助走が足りなかったために、縁石を乗り越えられなかったので、もっと助走をつけて乗り越えようと言うものでした。
そして、後ろへ車を押し出し、道路上に戻した後、再度、今度は先よりもっと遠くへバックしました。
そして、信号が変わる直前から、アクセルを思い切り踏み込んで激しく加速し、縁石へ向かいました。
そうして、一瞬、ぶつかったような感じの後、浮いたような感じがして、国道へ着地しました。
後になって考えると、バカなことをやっていたなと思いました。
また、車の持ち主の友人に申し訳ないことをしました。

 

クールビューティーでありたい!

更新履歴